【2021最新】オススメのスマートリモコン4選!人気で信頼のある機種だけを抜粋!

お役立ち情報
この記事は約6分で読めます。

最近徐々に人気を集めているスマートリモコン。
スマホやスマートスピーカーで家電を操作できる便利な製品です。

でもいざ買おうとしたら、、、
種類多すぎてどれを買っていいかわからなくなりますよね。。。

有益な情報が書かれた比較記事も多くありますが、10種類前後紹介されていることが多く、選ぶのがしんどくなる方もいると思います。

そんな方へ今回はIoT業界に居た経験のある僕の観点から、信頼性機能性使いやすさの3つの観点で優秀なスマートリモコンを4つ厳選して紹介します。

この記事では、人気で評価の高い(Amazonで☆4つ以上)の機種だけを紹介していますので、安心して比較をしていただけると思います。

あなたのスマートリモコン選びの参考になれば幸いです。

この記事で紹介するスマートリモコンに共通する機能

製品の特長を比較する前に、大事なことがあります。
それは、これから紹介するマートリモコンで共通してできることを認識しておくことです。

共通の機能を認識しておくことで、それぞれの特徴をよりシンプルに比較することができます。

・家電をスマホで操作
・家電をスマートスピーカーで操作(Alexa、Googleアシスタント、Siri対応)
・タイマーで操作
・複数の動作を1つの動作に集約する「マクロ」や「シーン」と呼ばれる機能
・壁掛けでの設置

この記事で紹介するスマートリモコンは、上記の内容はすべて対応しています。

つまり、上記の内容だけ満たせれば十分だという方は、単純に金額だけで決めてしまうのもありです。
この記事で紹介する一番安価なスマートリモコンはSwitchBot Hub Miniです。

しかし、センサーを搭載しているかどうかや、アプリのUIの違いなどで使い勝手は変わってきますので、もうすこし踏み込んで比較したいという方は、これからそれぞれのスマートリモコンの特徴を見ていきましょう。

※スマートリモコンで操作できる家電は、赤外線リモコンで操作できる家電に限ります。
また、赤外線リモコンでもまれに登録できないものもありますので、不安な場合は一度メーカーに問い合わせてみることをお勧めします。

オススメのスマートリモコン4選!

ではまずざっくりと4つのスマートリモコンを紹介します。

機種 特徴 価格
SwitchBot Hub Mini リーズナブルで信頼もある。今一番売れてるスマートリモコン。 ¥3,980
Nature remo 3 スマートリモコン界で一番オシャレ。カリスマ的存在。SNS等でもよく見かけるスマートリモコン。 ¥9,980
eRemote5 日本の元祖スマートリモコンメーカー。アプリUIが見やすい。 ¥6,800
RS-WFIREX4 こちらもラトックという老舗メーカー。赤外線操作の安定性に定評あり。 ¥6,000

安さならこれSwitchBot Hub Mini

【おすすめポイント】
SwitchBot Hub Miniは何と言っても一番価格が安いという点がメリットです。

安いからといっても、基本的はスマートリモコンの機能は備えていますので初心者にもオススメと言えます。

また、もう一つのおすすめポイントが「Switch Bot」という物理スイッチを遠隔操作できる機器があるという点です。

物理ボタンを操作できる製品というのは、今のところスイッチボット社が出している「Switch Bot」という製品しかありません。

つまり、「Switch Bot」とスマートリモコンをどちらも利用したいと思っている方は、「Switch Bot」専用のスマートリモコンである「SwitchBot Hub Mini」の組み合わせが必須ということです。

さらに、スマートプラグやスマートカーテンなどの製品ラインナップも多い点も魅力です。

【注意点】
この記事で紹介しているスマートリモコンの中で唯一、温度や湿度のセンサーが搭載されていない点に注意が必要です。

もしも温度や湿度と連動した家電操作をしたい場合は、別売りのスイッチボットの温湿度計を購入する必要があります。

オシャレでワンランク上なNature remoシリーズ

【おすすめポイント】
Nature remoといえば、スイッチボットと並んで人気なスマートリモコンの1つです。

YouTube等のSNSでも紹介されている方が多く、オシャレなスマートリモコンとして人気を集めています。

見た目のオシャレさも一番ですが、高い機能性も兼ね備えている点もオススメのポイント。

温度と湿度のセンサーだけでなく、照度や人感センサーも搭載しています。
もちろん、それぞれのセンサーを使って家電を連動させるオートメーション機能にも対応しています。

個人的にもNature remoは1番好きなスマートリモコンです。

【注意点】
価格がやや他に比べて高いという点には注意が必要です。
「センサーとか必要ないよ」という方はほかの機器の方がいいかもしれません。

あと、他の製品ラインナップが少ない点も残念な点です。

Natureではスマートスイッチやスマート電球などのメジャーなスマートホーム製品を販売していないので、色々な製品を取り入れていく予定の方はほかの製品を検討したほうがいいかもしれません。

シンプルなアプリで、初心者にもオススメなeRemote5

【おすすめポイント】
あまり知られていませんが、eRemote5を販売しているリンクジャパンというメーカーは日本で初めてスマートリモコンを販売したメーカーです。

そんな老舗メーカーが2020年に大幅アップデートをした機種がこのeRemote5です。

オススメのポイントとしては、価格と機能性のバランスがとれているという点です。

高精度の温湿度センサーを搭載しており、もちろんセンサーとの連動も可能。

また、スマートリモコン以外の製品ラインナップが多く、スマート電球スマートスイッチなどはもちろん、今話題のCO2センサーも販売しており、すべて同じアプリ上で管理できる点がおすすめのポイントです。

【注意点】
Amazonのレビューでも見られたのですが、赤外線の操作範囲が他のメーカーに比べて少し狭い印象を受けました。
(他のスマートリモコンと同じ距離でも家電が操作できない場合があった)
とは言っても、ワンルーム一部屋くらいはカバーできる範囲なので、他のメーカーが優秀なだけかもしれません。

赤外線の距離や安定性重視ならRS-WFIREX4

【おすすめポイント】
ラトックは日本の老舗メーカーです。なのでメーカーの信頼性はとても高いのが特徴です。

またAmazonの販売ページでも「赤外線距離30m!」と謳っており、赤外線の有効範囲についても丁寧に解説されています。

また、国内メーカーなだけあってリモコンのプリセット数も多い点もオススメのポイントです。
さらにIFTTTにも対応している点も高評価のポイントです。

【注意点】
個人的な意見ですが、若干アプリのUIが古いというか複雑に感じます。
また、あとほかの製品ラインナップが少ない点にも注意が必要です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は信頼性機能性使いやすさの3つの観点から、スマートリモコンを4つ厳選して紹介しました。

どの機種も現状販売されているスマートリモコンの中では優秀な機種ばかりですので、この4つは比較的安心して購入できると思います。

ただし、スマートリモコンには製品の特性上、注意しなければいけない点もいくつかあります。

例えば、Wi-Fi環境によってはセットアップがうまくいかなかったり、赤外線リモコンが登録できなかったり。
こういうトラブルがあったときは、まずはメーカーに問い合わせてみることがオススメです。

また、基本的にAmazonでの購入であれば購入後1か月の返品ポリシーも設けてありますので、万が一使えなかった場合はAmazonに返品などの相談をしてみましょう。

今回の記事がこれからスマートリモコンデビューを考えている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました